歯槽膿漏はどんな病気?

歯槽膿漏の治療

歯槽膿漏の治療についてここでは見ていきましょう。
歯槽膿漏では歯が抜けてしまう病気となります。
歯が抜けてしまう恐れがありますが歯が抜けないうちに治療することもできます。

治療内容としては歯石の除去があります。
歯石の除去は普段から定期検査などに行っているとその際にも行えますが、スケーラーという器具を使用して歯石を除去します。
この歯石の除去をスケーリングと呼びます。
歯石を除去をすることによって改善がみられなかった場合には手術となります。
この手術のことをフラップオペレーション手術といいます。
手術内容としては切開して歯石を取り除くという手術になります。

この他にも歯肉組織を再生させる治療や骨移植などといった治療が存在します。

歯槽膿漏の原因

ここでは歯槽膿漏の原因について知っておきましょう。
歯槽膿漏の原因は歯石となります。

歯石とは歯垢が硬くなったものになります。
食べ物を食べると食べカスがお口の中に残ったりすることがあると思います。
食べカスがお口の中に残った場合などに歯磨きなどをしっかり行い、取り除くことが理想的ですが、食べカスを取り除けなかった場合にはその食べかすはやがて歯垢となり歯垢は歯石へと変化していきます。
歯石へと変化してしまうと石のようにとても硬く歯磨きなどでは落とせません。
歯科医院などで歯石除去を行わない限り、この歯石が落ちることはなく歯石膿漏の原因となってしまいます。

また歯垢や歯石には数えきれないほどの菌が含まれており、この菌が主な原因となります。


この記事をシェアする